PACS Innovation 研究会 へ ようこそ!

PACS Innovation 研究会は、めまぐるしい進歩をとげる医療システムの最新の情報を共有できる場を提供することで、ベンダー各社とのよりよい関係を築きながら「知らないと提案できない」・「将来、普通に使っているモノ」を模索する事を目的とし、また普段接することない他施設との繋がりを持てる場を提供する研究会です。 
PACSはもとより、RIS、検像、PDI、タブレット端末活用、クラウドコンピューティングサービス、仮想化技術、セキュリティ、サーバー、RAID、etc・・・PACSを取り巻くすべての環境を学ぶ会です。


更新情報

現在、新型コロナウイルスの影響で研究会開催を延期しております。
状況が変わり次第、また皆様にお知らせをいたします。みんなで協力してこの困難を乗り越えていきましょう!

 


第5回 PACS Innovation 研究会

初めて九州を飛び出し、東京ミッドタウンで行いました!

ライバル社のシステムを検証

PACS Innovation 研究会では複数社のシステムをその場で触る事ができます

タブレット端末の活用を見出す!

PACS Innoation 研究会でのユーザーの声、届け!

飲ミニケーションも大事!

ユーザ、ベンダー間の壁を取っ払ったコミュニケーションも当研究会の特徴です!



第15回 PACS Innovation 研究会

開催日時:2019年5月25日(土)13:30 〜 26日(日) 13:00
開催場所:ホルトホール大分 2F セミナールーム      

 

<プログラム> テーマ「〜PACS トレンド 2019 今必要な知識〜」 
1日目
プログラム1(13:30〜14:15)

    • 「PACS 未来予想図2019」                    熊本大学病院  池田 龍二
    • 「増大する医療情報に耐えうるネットワークの構築と最新のワイヤレス動向」
                                 アライドテレシス 佐々木 達也

プログラム2 線量管理(14:15〜15:45)

    • MINCADI/NOBORI
    • ID-680DM/コニカミノルタ
    • teamplay/シーメンスヘルスケア
    • AMDS/東洋メディック
    • Dose Watch/GEヘルスケア
    • Radamès/アレイ
    • Radimetrics/バイエル薬品

機器展示(15:45〜16:25)

プログラム3 施設発表(16:25〜17:10)

    • 「マルチモダリティの線量管理 –現状と課題—」       熊本大学病院  松原 隆敏
    • 「クリニックの線量管理の必要性」          玉里温泉クリニック  白石 朋之
    • 「線量管理システム導入についての検討」   大分三愛メディカルセンター  北里 隆文


ディスカッション(17:10〜17:50)

2日目 
プログラム4(9:30〜10:45) 

    • 「PACSは何処まで進化できるのか?」         市立大村市民病院  猪俣 昌弘
    • 「医療現場における音響設備」             オーディオテクニカ 田代 貴宏
    • 「Web型PACSの活用法」                  フジデノロ   中島 与志樹

機器展示(10:45〜11:05)

プログラム5(11:05〜12:05)

    •  「ヘルステック時代に求められるセキュリティとは」   トレンドマイクロ  市原 寛基
    •  「小さく始めて大きく育てる。移行も容易な Scale-out という考え方」Dell EMC 古賀 亮一


機器展示(12:05〜12:25)

プログラム6(12:25〜12:55)  

    • 「PACS の新潮流 ビューワはマルチベンダーでVNAを活用する!」 GEヘルスケア 大越 厚

主催:PACS Innovation 研究会
後援:大分県放射線技師会、日本医用画像管理学会
協賛:フジデノロ、バイエル薬品、キヤノンメディカルシステムズ、アレイ、シーメンスヘルスケア、GEヘルスケア、コニカミノルタ、東洋メディック、NOBORI、トレンドマイクロ、Dell EMC、アライドテレシス、オーディオテクニカ(順不同)